乳児湿疹?アトピー?アレルギーの診断と症状

子供がアレルギーと認識したのはいつだったかなぁ・・・
生後2、3ヵ月の頃だったと思いますが、湿疹がひどくほっぺたやおでこなど特に顔を中心にまっかっかに腫れていました。(それでもかわいくてしょうがなかったけどw)

日本語がわからない子供に「かかないで」というのは無理な話なので、妻と一緒に色々考えミトンの手袋をしたりしていました。それでもすやすや眠りながらその手袋で顔をこすりx2する姿を見るのは親としては本当につらく切ない時間でした・・・
また、どんどんわるくなって収拾がつかなくなってしまうのではないか?
などと、思考がネガティブな方向に向かってしまい本当に精神的につらかったです。

親としては「うちの子はアレルギーなんかじゃない!これは乳児湿疹だ!」と信じたい気持ちで病院に連れていってアレルギーだとかアトピーだとか言われても半信半疑でした。

今にして思うのは
そんなことはどっちでもよくて、とにかくどうすれば症状をもっとも抑えられ子供が苦しまなくて済むか?
というのを考えなくてはいけなかったと思います。

血液検査の結果、小麦、卵(卵黄、卵白)、米、他・・・いろいろとアレルギー反応が出て母乳からも出るので母親も食事制限するように言われました。とはいえ、米も小麦も食べない食事なんて・・・想像もできませんでしたが楽天さんなどで粟(アワ)やヒエを購入したり、ホワイトソルガムを小麦の代わりに使用したりと少しでも子供のためになれば・・・と夫婦で(とくに妻が)努力しました。



お米を食べないで暮らすことはできないので、すこしでもアレルギーによいという「ゆきひかり」を注文したり、お金にいとめをつけず(なんて価格じゃないけど)少しでも子供のために・・・という気持ちであやしいもの以外はどんどんとりいれました。


しかし息子の症状は一進一退というかいい時もあれば悪い時もあり・・・といった感じで親としては一喜一憂を繰り返していました

地元の病院を何件かハシゴして、アレルギーやアトピーに強い病院を予約しようかなど夫婦で話していましたが、あるときそんな私たちに転機がやってきたのです。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みならいぱぱ

Author:みならいぱぱ
息子はいま4歳半!だいぶお絵かきもぬり絵も上手になり、彼としてはこうしたいという意図を汲み取れるようになってきました!!ストライダー効果もあり、自転車は補助輪なしですぐに乗れ、ブレーキもストライダー改造のおかげで自由に使いこなしています。
まだまだ甘えん坊だけど、そんなところがまたかわいいです☆
って書いていたのは今は昔。現在7歳で小学生になりました!子育てブログだったはずですが、最近は家、車の記事が増えてきてますw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR